屋根塗装 バイオ洗浄はするな!全く意味がないぞ!リフォーム会社が利益を得るためだけにやっている無駄なこと




こんにちは。
管理人です。

私は現役塗装職人で、今もバリバリ現場に出ています。

たまに元請けから「バイオ洗浄をしてくれ」という要望があるのですが、これはほとんど意味がないです。

 

通常の洗浄でも綺麗になるので、バイオ洗浄をする意味はまずありません。

 

ではなぜバイオ洗浄をするかというとほとんどの場合、リフォーム会社が利益を得るためなのです。

 

このページではバイオ洗浄の無意味さについて説明していきます。これから外壁塗装や屋根塗装をする方に参考になったら幸いです。

 

なぜバイオ洗浄は不要なのか?

リフォーム会社の営業マンから「バイオ洗浄をすると綺麗になります」とか「バイオ洗浄をしないと剥がれてしまいます」ということを言われたかもしれませんが、そのような助言は聞かなくていいです。

 

なぜならバイオ洗浄なんかしなくても通常の高圧洗浄でものすごく綺麗になります。

 

ちなみに高圧洗浄の費用は以下のようになります。

 

通常の高圧洗浄

・外壁高圧洗浄 150円〜200円/㎡
・屋根高圧洗浄 150円〜300円/㎡

平均的な外壁面積は200㎡なので30,000円〜40,000円が相場

平均的な屋根面積は150㎡なので22,500円〜45,000円が相場

屋根高圧洗浄はトルネードガンという特殊な道具を使うため単価が高くなることがある

 

バイオ洗浄の場合

・外壁高圧洗浄 150円〜200円/㎡
・屋根高圧洗浄 150円〜300円/㎡

薬剤散布費用 300円〜500円/㎡

平均的な外壁面積は200㎡なのでバイオ洗浄の場合90,000円〜150,000円が相場

平均的な屋根面積は150㎡なので60,000円〜100,000円が相場

バイオ洗浄は「水養生→薬剤塗布→高圧洗浄」という3工程になるため、手間と薬剤費がかかるため高くなる

 

バイオ洗浄は通常の高圧洗浄の2倍以上の費用になることが多いです。

 

じゃあ、バイオ洗浄をすれば長持ちするのかというと全くそんなことはありません。

 

通常の高圧洗浄とバイオ洗浄の効果は全く同じと言っていいです。

 

屋根の高圧洗浄では「トルネードガン」という特殊な道具を使って洗浄することが多いのですが、トルネードガンを使えば屋根は綺麗に洗えます。

↓トルネードガンで屋根を洗っている様子↓

ガンの先端が回るようになっており、水を回転させながら噴射させます。水を回転させることで水圧を強力にできるのです。

ですので屋根内部に溜まっている汚れや古い塗膜も綺麗に流せます。

 

わざわざバイオ洗浄などしなくても通常の高圧洗浄で十分ということです。

 

もしリフォーム会社からもらった見積書に「バイオ洗浄」の項目があったら「これは必要ない」と言った方がいいでしょう。

 

まともな塗装職人はバイオ洗浄などしません。ほとんどの場合、無駄だと分かっているからです。バイオ洗浄は利益を得るためにしている不要な費用だと思います。

 

バイオ洗浄が必要な場合

ただし、バイオ洗浄が必要な稀なケースもあります。それは以下のように汚れがひどい外壁です。

外壁にリシンやジョリパッドのような塗料が吹き付けされており、藻やカビがびっしりついている場合はバイオ洗浄をした方がいいでしょう。このように汚れていると通常の高圧洗浄では綺麗にできません。

水圧を強めて無理して洗うと外壁を傷めてしまいます。

 

ですのでこのように汚れがひどい場合だけバイオ洗浄は有効です。ここまでひどくない場合は基本的にバイオ洗浄は不要です。

 

外壁塗装や屋根塗装は優良塗装会社に依頼するのがベスト

残念ながらリフォーム会社の中には無駄な費用をお客さんから取り、暴利をむさぼる会社もあります。

 

そのような会社に外壁塗装や屋根塗装を依頼すると高くなるだけでなく最悪な仕事をされてしまいます。

 

大切な我が家を守るためにも優良塗装会社に依頼しましょう。

 

優良塗装会社を探すには「ヌリカエ」というサービスがお勧めです。塗装職人である私もヌリカエは推奨できます。

 

ヌリカエは厳しい審査に合格した塗装会社だけが加盟できるサービスです。ヌリカエで優良塗装会社を見つければ、安くていい仕事をしてもらえます。

 

ヌリカエは完全無料なので是非利用してみてください。以下のページでヌリカエについて本気でレビューしているので参考にしてください。

 

現役塗装職人が本気でレビュー!ヌリカエの評判とは→