外壁塗装を失敗しないために 塗装歴18年の職人がオススメするヌリカエについて

こんにちは。塗装職人歴18年のトミーです。

 

このページではこれから外壁塗装を考えている人が失敗しないための方法について解説していきたいと思います。私は18年間塗装の仕事をしてきましたが、その中で成功する外壁塗装をする人と失敗する外壁塗装をする人を見てきました。

 

長年の経験で「外壁塗装で成功するためにはどうしたら良いのか?」ということがわかったので詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

外壁塗装をするなら「ヌリカエ」に相談すると良い

まず結論から言いますが、これから外壁塗装を考えているのであれば「ヌリカエ」というサービスを利用した方が良いです。今までに10万人の人がヌリカエを利用して外壁塗装や屋根塗装を行なっています。

 

ヌリカエとは塗装の相場を教えてくれて、優良塗装会社を紹介してくれるサービスです。完全無料で利用できるので外壁塗装を計画している人の多くが利用しています。

 

ヌリカエを利用して50万円も安くできた人もたくさんいます。

 

 

ヌリカエを利用することで、自分の住んでいる地域の外壁塗装の相場を知ることができます。外壁塗装は地域によって使う塗料や相場が変わってきますので見積もり依頼をする前に理解できると見積もりや打ち合わせ時にスムーズに話を進めることができます。

 

ヌリカエを利用しないでいきなり見積もり依頼すると外壁塗装の知識がないまま話が進んでしまうので、高い外壁塗装になったり、不要なオプションに申し込んでしまったりする人も多いのです。

 

リフォームで失敗する人の多くが「知識不足」「1社しか見積もり依頼していない」ということがあります。リフォームにおいては家の人もある程度の知識が必要です。金額はいくらまで出すのか、どの塗料を使うのか、外壁塗装をする目的ななんなのか。ということをしっかりと理解していかないといけません。

 

知識がないままリフォーム会社に「外壁塗装の見積もりをお願いします」と言うと高い見積もりを持ってきて高い外壁塗装のなってしまう可能性があります。

 

本来はウレタン塗料を使った外壁塗装(70万円くらい)でよかったのに、知識がなかったためリフォーム会社に遮熱塗料を使った外壁塗装(130万円)を勧められそちらを契約してしまったという人もいます。倍近くの費用になってしまい金銭的に大変になるお宅もあるのです。

 

遮熱塗料が悪いというわけではありませんが、もっと安く済ませる方法もあるということです。塗料についてある程度の知識があれば安く済ませることも可能です。ヌリカエを利用すると外壁塗装の相場を知ることができますし、オススメの塗料や塗装についての知識も得ることができます。

 

外壁塗装で失敗しないために、ヌリカエという無料のサービスを使ってみると良いでしょう。ヌリカエは完全無料で利用できます。利用するときにメールアドレスと電話番号を入力する必要がありますが、それは相場結果を教えてもらうために必要になります。メールアドレスと電話番号を入力したからといってしつこい電話や迷惑メールが来ることはないので安心してください。

ヌリカエの利用手順


ヌリカエはこちら

 

外壁塗装で失敗する人の特徴

外壁塗装で失敗する人の特徴は以下の点にあります。

外壁塗装で失敗する人の特徴
  • 外壁塗装の知識が全くない
  • 外壁塗装をどうしたいのか計画していない(安くしたい、遮熱塗料を塗りたいなど)
  • リフォーム会社に任せっきり
  • 優良塗装会社を知らない
  • 1社しか見積もりしていない

このような方が外壁塗装で失敗してしまいます。本来はもっと安く外壁塗装ができたのに知識がなかったため高いプランに申し込んでしまったという人も多いです。ですので外壁塗装をする前にはある程度の知識を身につけましょう。

 

詳しい知識は必要ありませんが、外壁塗装の相場や使う塗料についてに知識があれば失敗を回避することができます。

 

また、1社だけに見積もり依頼せず、最低3社は見積もり依頼した方が良いです。複数の会社に見積もり依頼することは面倒ですし気疲れしてしまいますが、複数の会社に見積もり依頼することで50万円以上も安くすることができます。大事な我が家ですので見積もりをするときは頑張って複数の会社と会ってください。

 

複数の会社に見積もり依頼すれば、外壁塗装の相場を知ることができますし、リフォームに関する知識も身につけることができます。このような知識が自分の身を守ることができるのです。

 

外壁塗装で身につけるべき知識とは

外壁塗装で身につけるべき知識は、

  • 外壁塗装の相場
  • 塗替えで利用する塗料の種類

この2つのことを知っているだけでも失敗を回避できます。

 

外壁塗装の相場について

外壁塗装の相場は住んでいる地域によって変わりますが、外壁塗装は基本的に100万円以下で行えます。100万円以上する外壁塗装は高すぎるので避けた方が良いでしょう。
(建坪によって金額は変わるので一概には言えませんが建坪30坪で100万円以上の外壁塗装は高いと言えます)

ウレタン塗料を選んで外壁塗装をした場合、通常は60万円〜80万円で収まります。相場としてはこの金額です。この金額以上に高いとなるとよく考えた方が良いでしょう。

 

また、同じ仕様でもどこにお願いするかによっても金額は変わります。リフォーム会社にお願いすれば仲介料が取られるので高くなってしまいます。しかし塗装会社に直接お願いすれば仲介料が不要になるので安く済ませることができます。

 

ウレタン塗料を使った外壁塗装でもリフォーム会社にお願いすれば100万円、塗装会社に直接お願いすれば70万円ということも大いにあるのです。同じ内容でも30万円も差が出ることがあります。

 

失敗しないためにも複数の会社に見積もり依頼して相場を理解するといいですね。

 

塗替えで利用する塗料の種類について

塗替えで利用する塗料には以下のものがあります。

 

塗替えで利用する塗料
  • アクリル塗料
  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料
  • 無機塗料
  • 遮熱・断熱塗料

このような塗料が一般的に使われていますが、

7割、8割は「ウレタン塗料」と「シリコン塗料」が使われています。耐久性は10年〜15年と長いのでこの二つの塗料が一般的に使われています。ウレタン塗料とシリコン塗料はそこまで高くありませんし耐久性にも優れています。塗装のプロもこの2つの塗料を勧めて来ることが多いと思います。ウレタン塗料かシリコン塗料どちらかを選べば間違い無いです。

 

アクリル塗料は安価ですが耐久性が悪いためほとんど使われません。アクリル塗料はオススメしません。耐久年数は5年ほどです。

 

フッ素塗料、無機塗料は耐久性20年以上とかなり長持ちする塗料ですが、高価なため外壁塗装費用が高額になってしまいます。フッ素塗料や無機塗料を塗るお宅はほとんどありません。フッ素塗料や無機塗料を塗ると、次回塗替えをするときもフッ素や無機塗料を塗らないといけないのでまた高くなってしまいます。良い塗料ですが個人的にオススメはしません。

 

遮熱・断熱塗料は耐久年数15年ほどです。遮熱・断熱塗料の優れている点は熱を家の内部に入れないようにするため夏は涼しく冬は暖かいを実現してくれます。ですのでエアコン代も軽減してくれると言います。もし家の中を快適にしたい場合は遮熱・断熱塗料を選ぶと良いでしょう。

遮熱・断熱塗料で特に効果があるのは屋根に塗る場合です。屋根が鉄板の場合、屋根に遮熱・断熱塗料を塗ると劇的に効果を感じます。熱を逃し家の内部に熱を入れないためかなり涼しくなります。もし屋根が鉄板でしたら遮熱・断熱塗料を考えても良いかもしれません。

 

塗替えをするときの塗料にはこのような種類がありますが、基本的に「ウレタン塗料」か「シリコン塗料」が一般的となっているのでこのどちらかを選ぶことが良いでしょう。

 

リフォーム会社より塗装会社に直接依頼した方がいい理由

外壁塗装の知識をある程度手に入れたら、今度は見積もり依頼をしますが、個人的にはリフォーム会社にお願いするのではなく塗装会社に直接お願いすることをオススメします。

 

私が塗装職人だから塗装会社を贔屓(ひいき)するというわけではありません。塗装会社に直接依頼すれば安く済ませることができ、良い仕事をしてくれる可能性が高いからです。

 

リフォーム会社は費用が高くなりやすい

リフォーム会社には社員がいます。事務所を構えていますので家賃もかかります。それを補うためにリフォーム費用を高くせざるをえません。ですので外壁塗装の費用も割高になってしまう可能性も高いのです。

また、リフォーム会社の社員やスタッフは外壁塗装のプロではありません。リフォームに関して一定の知識はあるかもしれませんが、リフォーム現場で働いたことの無い人が営業をしたり現場監督をしたりします。ですので的確なアドバイスがもらえないこともあるのです。

リフォーム会社に依頼すれば保証やメンテナンスをしっかりしてくれるという安心感もありますが、それは塗装会社に直接依頼しても同じです。塗装会社も保証やメンテナンスはしっかりしてくれます。

そういったことを考えると、直接塗装会社に見積もりをお願いした方が良い場合が多いのです。

 

塗装会社は安くなる確率が高い

塗装会社に直接お願いすれば費用がグッと安くなることが多いです。

 

前述したようにリフォーム会社にお願いすると割高になる可能性があります。リフォーム会社の人件費や運営費が上乗せされてしまうからです。

 

ですが塗装会社に直接お願いすればリフォーム会社の人件費や運営費を乗せる必要が無いので安く済ませることができます。

リフォーム会社に外壁塗装をお願いした場合 一例

外壁塗装総額 120万円

リフォーム会社の取り分 60万円
塗装会社の取り分 60万円

 

塗装会社に直接外壁塗装をお願いした場合 一例

外壁塗装総額 60万円

塗装会社の取り分 60万円

一例ではありますが、リフォーム会社にお願いした場合と塗装会社にお願いした場合では金額がかなり変わることがあります。

 

リフォーム会社を通すと費用が上がることがあるので、私個人としては塗装会社に直接依頼することをオススメします。

 

 

塗装会社に依頼すると良い仕事をしてくれる可能性が高い

リフォーム会社のスタッフは、「リフォームの素人」な人も多いです。リフォームに精通しているベテランであれば良いのですが、若いスタッフはリフォームの知識がないのに任されている人もいます。そういう人に見積もりや現場監督をされると出来の悪いリフォームになってしまうこともあるのです。

 

しかし塗装会社の職人は何十年も塗装の仕事一筋で行なっています。「餅は餅屋」とよく言いますが、専門的なことは専門家にお願いした方が良いのです。外壁塗装をお願いしたいのなら外壁塗装に精通している塗装職人の直接依頼した方が良い仕事をしてくれます。

 

また、塗装会社も自社を信じて依頼してもらうと職人魂に火がつき、通常より良い仕事をしてくれることも多いのです。傷んでいるところを本来なら2回塗りのところを3回塗りにしてくれたり、西面(西日で傷みやすい面)を本来なら2回塗りのところを3回塗りにしてくれるという場合もあります。

 

家の人も塗装職人と直接話して意見をいうことができるので最善の外壁塗装になることが多いです。外壁塗装を考えるなら直接塗装会社に依頼することが最善の選択だと思います。

 

 

なぜヌリカエが良いのか

このような背景もあり私は「ヌリカエ」というサービスをオススメします。

ヌリカエはこちら

 

ヌリカエを利用した人の感想

 

ヌリカエは完全無料で優良塗装会社を紹介してくれます。ヌリカエに加盟する塗装会社は厳しい審査をくぐり抜けた塗装会社です。技術も高く、経営状態もよく、メンテナンスもしっかりしてくれる会社ばかりです。そういった優良塗装会社を紹介してもらえるので失敗が減ります。

 

またヌリカエのスタッフが外壁塗装の相場や知識を教えてくれます。今まで知らなかったような情報も教えてくれるので外壁塗装で失敗しなくなるでしょう。

 

18年塗装職人をしている私がオススメするサービスなので本当に良いものです。自信を持ってオススメできます。完全無料で利用できるのでぜひ利用してみてください。