破風板の塗装について 何回塗りすれば良いの?




こんにちは。管理人のトミーです。

破風板を塗装するとき「何回塗装すればいいの?」「塗料は何を塗ればいいの?」と疑問に思うかもしれません。

 

見積もり依頼すると「2回塗り」「3回塗り」と会社によって回数が違ったり、金額が違ったりするので困惑しますよね。

 

では本来は何回塗装することが妥当でしょうか?

 

 

答えは、

 

艶がしっかりと出るまで

 

です。

参考サイト:https://025paint.com/niigata-gaihekitosou-9/

 

とても抽象的な答えですが、
職人の立場から言うと塗装回数ではなく納得いく艶が出るまで塗装するのがベストです。

 

全然傷んでいない破風板なら3回塗りで良いですし、木の地が出ている傷んでいる破風板なら4回、5回と塗装します。

 

仕事を真面目に行い職人さんなら回数にとらわれず、納得いくまで塗装していきます。こういった職人さんを探し出すことが成功外壁リフォームにするためのポイントです。

 

ちなみに優良塗装会社を探したいならヌリカエというサービスがおすすめです。優良塗装会社を紹介してくれるサービスで無料で利用することができます。

以下のページでは実際に利用された方の声が載っているので確認してみてください。

↓   ↓   ↓

ヌリカエで実家の外壁塗装をお願いしました。実際に利用してみた感想や評判と口コミをセキララにお伝えします

 

 

破風板の塗装事例

このような傷んだ破風板は2回では艶を出すことはできませんので3回、4回塗装することが必要になります。

 

破風板1回目塗装

 

破風板の塗装はハケとローラーを使っていくことが良いでしょう。ローラーは塗料をたっぷり塗ることができるので丈夫になります。ハケでローラーが入らないところを塗り、ローラーで平面を塗っていきます。

 

 

破風板2回目塗装

 

2回目も同じようにローラーで塗っていきます。2回塗装しても艶は完全に出ないので乾いてから3回目を塗ります。

 

 

破風板3回目塗装

3回目塗ると艶も出て光を反射させるくらい綺麗になってきましたね。

これくらい艶が出れば納得いく仕上がりになります。

破風板は最低でも3回は塗装が必要です。

 

 

塗装前の破風板

 

塗装完了後の破風板

 

このような艶が出ると、強力な塗膜が形成されているので雨を弾き、紫外線からも守られます。ここまで艶が出て初めて塗装完了と言えます。

 

あなたのお宅を塗替えするとき、ここまで艶が出ているか確認してみてくださいね。もしあまり艶がないようだったらリフォーム会社や塗装職人に言った方がいいでしょう。

 

破風板の塗装方法や完成段階を知ることであなたの大事なお宅を守ることができます。

 

自分で木部を塗装したい場合は「1液マイルドウレタン」がオススメです。

 

楽天だと安く購入することができます。

ウレタンは丈夫な塗料です。マイルドウレタンを3回も塗装すれば艶々になり綺麗な木部に仕上がります。自分でDIYで塗装する場合はこの塗料を使ってみてください。