一般住宅の壁 塗り時はいつ?安く済ませる方法は?




一般住宅の外壁はほとんどの場合、塗装が必要です。

タイルや石張りであれば外壁塗装は必要ありませんが、サイディングや鉄板の外壁であれば塗装が必要になります。

 

ではいつ頃塗装すれば良いのでしょうか?また外壁塗装の価格や安くする方法はあるのでしょうか?

このページでは一般住宅の壁塗りをするときの注意点をお話していきます。

 

外壁塗装は築何年で塗装するべき?

一般住宅の外壁は築10年〜15年以内に塗装するのがお勧めです。築10年を過ぎると外壁に塗ってある塗料が劣化し始め「チョーキング」という現象がおきます。手で触ると粉がつくのがチョーキングという現象です。

これは塗膜が劣化しており雨を吸い込んでしまう状態になっています。雨を吸い込んでしまうと外壁材を腐食させボロボロにしてしまうようになります。ですのでチョーキング現象が起きたら早めに外壁塗装を考えましょう。

 

また、外壁のひび割れや防水シールの劣化も出てきます。ひび割れするとそこから雨が内部に入り、シロアリを呼んでしまったり、家の木材を腐食させてしまうこともあります。

築10年を過ぎると外壁に劣化が出てくるので築10年を過ぎたら外壁塗替えが必要だと考え始めた方がいいでしょう。

 

塗替えで利用する塗料の耐久年数は?

塗替えで使用する塗料の耐久年数は一般的に10年〜20年です。塗料によって耐久年数や価格も変わってきます。

塗料 耐久年数 価格
アクリル塗料 5年〜7年 1,000~1,200円/㎡
ウレタン塗料 7年〜10年 1,600~2,000円/㎡
シリコン塗料 10年〜15年 2,200~3,500円/㎡
フッ素塗料 15年〜20年 3,000~4,500円/㎡
無機塗料 15年〜20年 3,000~4,500円/㎡
断熱塗料 15年〜20年 4,000~5,500円/㎡

家が建っている環境によっても耐久年数は変わってきますが、一般的には上の表のような耐久年数になっています。

海が近い場合は塩害があるため耐久年数は低くなってしまいますし、雪が降る地域では凍害があるため外壁が傷みやすいこともあります。

また日が強く当たる西面は特に傷みやすいので西面の耐久年数はは他の面より早く傷んでしまうことが多いです。

西面を見て傷みが見られたら外壁塗装を検討してみるといいでしょう。

 

外壁塗替えの価格は?

外壁塗替えの価格は、家の大きさや使用する塗料によっても変わりますが、一般的な大きさでシリコン塗料を使うと100万円くらいが適性価格となっています。

この100万円には足場代、高圧洗浄代、外壁塗装代、鉄部塗装代、木部塗装代が含まれます。家丸々塗装するためには100万円前後かかることが一般的な価格です。

屋根塗装も入れるとさらに30万円〜50万円上乗せされる感じです。

 

外壁塗替えをする8割の人はシリコン塗料を使います。シリコン塗料は耐久年数が10年〜15年ほどですので高耐久性がありますし、価格も真ん中くらいですので一番使われています。

耐久年数が高い「フッ素塗料」や「無機塗料」を使う人はほとんどいません。耐久年数は高いですが、価格はシリコン塗料の2倍〜3倍してしまうのでこの塗料を使う人はほとんどいません。

塗替えをする時は「シリコン塗料」を選択すれば間違いないでしょう。

 

外壁塗替えを安くする方法

外壁塗替えを安くするには、複数のリフォーム会社や塗装会社に見積もりを依頼してみることです。

会社によって使う塗料が違いますし、その会社の状況によって価格も変わってきます。色々な会社に見積もり依頼してみてどれくらい価格が変わるか確認した方がいいです。

優良リフォーム会社を探したい場合は「ホームプロ」を使うといいですね。ホームプロは優良リフォーム会社を紹介してくれる日本一の会社です。満足度も高く、利用者も80万人(2020年現在)います。

完全無料で利用でき、完全匿名で利用できます。安心して利用できるのでぜひ使ってみてください。




リフォーム会社によっては広告費をたくさん使っている会社もありますし、従業員が多い会社もあります。そういう会社はどうしても外壁塗替え費用も高くなりがちです。

少人数でやっている会社であれば広告費や人件費も抑えられるので外壁塗替え費用も安く抑えられます。

その会社によってメリットデメリットがありますので、複数のリフォーム会社に見積もり依頼してみるといいでしょう。そうすることによって安く外壁塗替えをすることができます。

火災保険で外壁塗替えが安くなる?

火災保険の加入は義務付けられているため、全ての家には火災保険に加入しています。実は火災保険で外壁塗替えや屋根塗替えや雨樋交換などができる場合があるのです。

火災保険というと火災だけしか保険が下りないと思いがちですが、火災保険は「風害」「雪害」なども対応しています。

台風が来て屋根の一部が壊れてしまったり、雪の重みで雨樋が壊れてしまった場合なども保険が適用されることがあります。

外壁塗装をする時は雨樋の塗装や交換をすることが多いですので、火災保険を使えれば外壁塗替えが安くなることがあるのです。

塗替えをする時に「雨漏りはないか」「雨樋は壊れていないか」などをぜひ確認してみてください。もしかするとその破損は台風や雪で起こったかもしれません。そうすると火災保険が出る可能性もあるのです。

 

市町村の補助金や助成金も活用しましょう!

市町村によっては補助金や助成金を出しているところもあります。

多くの場合、断熱工事をすると補助金や助成金がもらえることが多いです。

「外壁に断熱塗料を塗装したら5万円〜10万円補助します」というのが多くあります。

補助金や助成金は申請しないともらえないものです。知らないばかりにもらえるお金がもらえないこともあるので、ご自身の住んでいる市町村に助成金や補助金はあるか確認してみてください。

「あなたが住んでいる市町村名 + リフォーム補助金」

で検索すると今行われている補助金や助成金について調べることができます。補助金や助成金は有効期限や限度額があるので早めに申請するといいですね。

 

 

リフォームは会社選びが大切

大切なマイホームを守るためには、メンテナンスをしっかりと行うことが欠かせません。

しかし残念ながら、メンテナンスを行っているリフォーム会社の中には悪徳業者も多く存在し、悪徳業者を素人が見分けるのは非常に難しいと言われています。

リフォーム会社紹介サイトの「ホームプロ」では、信頼できるリフォーム会社のみを厳選してご紹介をしています。

その中から比較検討し、それぞれのご家庭に合ったリフォーム会社を選択することができます。

また、紹介サービスは匿名・無料で、さらに3ステップで簡単にご利用いただけます。

家のメンテナンスをご検討の方は、ぜひ下記のフォームからお申し込みをしてみてください。