外壁塗装の訪問販売に耳を貸すな!100%高額リフォームになります




こんにちは。
現役塗装職人であるサイト管理人です。

築10年くらいになると迷惑なことが起こり始めます。それが「外壁リフォームをしませんか?」という訪問営業マンが来ることです。

外壁塗装の塗り替え周期は約10年ですので、この時期になると訪問営業マンがやってきます。

 

断っても、また違う会社の営業マンが来るため嫌気が差してくる人もいるのではないでしょうか?では外壁塗装の訪問販売は受けても良いのでしょうか?

 

結論から言うと「NO!」です。

 

外壁塗装の訪問販売は高いだけでなく、営業マンは外壁塗装やリフォームを何も知らない素人の可能性が高いからです。

 

外壁塗装の訪問販売は高い!

 

実は私の知り合いに外壁塗装の訪問販売をしている人がいます。

その人から詳しい話を聞いてみてわかったことがあります。

それは、

    • 訪問営業マンのほとんどがリフォーム素人である
    • 実際の見積もりに20%〜30%上乗せしてお客様に提出する

ということです。

それではひとつづつ詳しく説明します。

訪問販売営業マンは営業のプロだがリフォームのプロではない

全ての人がそうとは言えませんが、訪問販売営業マンは、リフォーム素人の人が多いです。

リフォーム事業をしたことがなく、建設現場の仕事を知らない人も多いのです。

営業に関してはスペシャリストですが、リフォームについては詳しくありません。

そういう人に外壁塗装をお願いすると良い工事ができなかったり、不要な工事をしてしまうことがあります。

 

お客様のためではなく、利益を上げるために工事をするので、不要な工事を追加してお客様から多くのお金を取ろうとする人もいるのです。

 

もちろん、良い訪問営業マンもいるとは思いますが、個人的な感想だと、訪問営業マンからリフォームを申し込むとあまり良いことがないというのが率直な感想です。

 

外壁塗装やリフォーム全般を行いたいときは、その道のプロである塗装会社や地域密着型リフォーム会社に依頼するのが間違いないでしょう。

地域密着の会社であれば信用を失うようなことはしません。信用を失うようなことをすれば評判が悪くなりその地域で仕事ができなくなります。ですので地域密着の会社は良い仕事をしますし、価格も適正価格で提供します。

訪問販売でリフォームをするのではなく地域密着の塗装会社やリフォーム会社に依頼するようにしましょう。

 

訪問販売のリフォームは30%以上割高になる(通常100万円が150万円になることも)

訪問販売のリフォームは営業マンの取り分も加算しないといけません。そのため通常のリフォームより割高になることが多いです。

塗装会社に直接塗り替えを依頼すると100万円でできるところを、訪問販売で依頼すると150万円になることもあります。

50万円が営業マンの取り分という形です。

もちろん営業マンも仕事でやっているので取り分をもらわないと生活ができません。ですので取り分をもらうことは決して悪いことではありませんが、お客様にとってはなんのメリットもありません。大切なお金をドブに捨ててると同じことです。

 

そう考えるとやはり、リフォームは実際に施工する会社や地域密着の信頼できるリフォーム会社に依頼するのが最善です。

 

外壁塗装で45万円損をしない方法

外壁塗装を安く、安心して行いたい場合は、地元の塗装会社に依頼するのが良いでしょう。

リフォーム会社に依頼するのも良いのですが、リフォーム会社はどうしても手数料が取られてしまいます。

業者手配や現場管理やお客様との打ち合わせがあるため、その分の手数料が上乗せされてしまいます。

 

直接塗装会社に依頼するより30万円〜50万円くらい高くなるのが一般的です。

 

ですので安くて品質の良い塗装をしたい場合は地元の優良塗装会社に依頼するようにしましょう。

 

地元の優良塗装会社を探したい場合は「ヌリカエ」というサービスがおすすめです。

 

ヌリカエは完全無料で利用できるサービスです。

地元の優良塗装会社を探せるほか、外壁塗装の相場を見ることができます。相場を知ることで適正価格を理解できるため失敗しなくなります。

 

外壁塗装を検討する多くの人がヌリカエを利用していますのでぜひ利用してみてください。費用は一切かかりません。