外壁塗装時のコーキング、シーリング「打ち直し」と「増す打ち」どっちが良いの?




こんにちは。
外壁塗装の神様、現役塗装職人のトミーです。

外壁塗装の見積書の下地処理の中に「コーキング」または「シーリング」をという項目があることがあります。

これは窓周りや外壁と外壁の間にある防水シールのことです。

防水シールは時間の経過とともに劣化してひび割れたりボロボロになっていきます。そのため外壁塗装時時は新しくコーキングを打つようになります。

 

コーキングの施工方法のは2種類ありますが、「打ち直し」と「打ち増し」という方法があるのです。施工方法によって価格も変わってきますので、我が家にはどのような施工方法が必要かをしっかりと理解しておきましょう。

 

打ち直しとは

打ち直しとは、古いコーキングを除去し、新たにコーキングを打っていくことです。以下の状態だと打ち直しが必要になります。

コーキングが大きくひび割れ、ボロボロになっていることがわかりますね。このように劣化すると古いコーキングを除去して新しくコーキングを打ち直していく必要があります。

打ち直しの場合は、古いコーキングを取るための作業がありますし、新しくコーキングを打つので材料費もかかります。そのため打ち増しよりも価格が高くなります。

コーキング打ち直しの場合は1メートル1000円程度かかります。住宅1軒丸々打ち直しすると100メートルくらいあるので約10万円かかる計算です。

打ち直しになると費用も高くなるので劣化する前に塗替えができるといいですね。

 

打ち増しとは

打ち増しとは、既存のコーキングの上に新しいコーキングを打っていくことです。以下のような状態だと打ち増しになります。

ひび割れはほとんどなく、隙間もあまり空いていません。このように既存のコーキングがまだ生きている場合は、この上からコーキングをする打ち増しになります。

打ち増しの場合は古いコーキングを取る作業もないので手間がかかりません。また、使う材料も少なくて済むので作業費がやすくなります。

打ち増しの場合は1メートル500円ほどです。100メートル打ち増しする場合は5万円程度で済みます。打ち直しの半額でできますね。

早めに塗替えをすることでコーキングの劣化を抑えることができます。そうすれば塗装費用も安くなるので早めに外壁塗装できると良いですね。

 

防水シールはとても大事!

防水シールは家の内部に水を入れないためにとても大事な箇所ですのでしっかりとした施工が必要です。

コーキングが劣化すると雨が家の内部に入り、木材を腐食させたり、シロアリを呼んでしまうことがあります。

また、外壁の中に水分を入れてしまうと腐食を早めてしまいます。

家を長持ちさせるためにもコーキングが劣化したら早めに対処するようにしましょう。

 

どんな状態になったら塗替えのサイン?

ではどのような状態になったら塗替えを考えるといいでしょうか?それは以下のように劣化が見られたら早めに対処するといいでしょう。

コーキングがひび割れていたり、手で触ると白い粉がついたりすると劣化している証拠です。

この状態で放置すると内部に雨を吸い込ませてしまうので劣化を早めてしまいます。特に西日が当たる西面は痛みが早いです。

西面を確認して上の写真のようにひび割れを起こしていたら早めに塗装するようにしましょう。